エックスサーバーでMT4.1のPHPが500エラーになる :ネット・ライフ(yuuの徒然日記)

HP運営やPC・MT・WPなどのトラブル奮闘・備忘録等・yuuの日常徒然ぼやき日記

ホーム > スポンサー広告 > エックスサーバーでMT4.1のPHPが500エラーになるホーム > Movable Type > エックスサーバーでMT4.1のPHPが500エラーになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告
[ --/--/-- --:-- ]    コメント(-) | Edit| ▲Top

エックスサーバーでMT4.1のPHPが500エラーになる

エックスサーバーの自動インスト?ルにMovable Typeが出来るようになったので、
MT4をお手軽に試してみるか・・と、インストールした。

MT4.1は色々な分岐タグも増えてて、プラグインをあまり入れなくてよくなった♪

「よく分からない」とあまり評判の良くない?テンプレートの部分も、
私はMT3の頃から元々モジュールを何10個も分割して使っていたので、
それがメニューとして分かりやすく見れるようになって、とても便利!

1つのサイトでは、本格的にMT4.1を使う事にしたのだが、自動インストールでは、MYSQLがXサーバーのSQLを使っているのか、自分のSQLではないので中身も見れないし、バックアップ保存なども出来なくて不安になった。

やはり自分のMYSQLを使えた方が後々良さそうなので、
自動ではなく、新たにMTOS4.1を自分でインストールする事にした。

ダウンロードしてインストールは、今までのMTと比べて格段に分かりやすい。

何も設定しなくてもただアップして、順番に記入しクリックしていけばインストールできる!

そしてバックアップや復元機能もついてるが、これがまたまたすごい。
バックアップしてたのを、「復元」と押すだけで、テンプレートから記事の中身から、全部そのまま復元されるのだ??!

これにはかなり感動!!

(※ただし、バックアップファイルに文字化けとかしている場合は、きちんと復元できない。
  私はこれにかなり手間取った(^^;)


しかし・・問題が1つ・・

再構築もすべて終わって、ファイルを開くと、500エラーで表示されないのだ。

FTPで中身を見ても、ファイルも全部あるし、ファイルを開いてもちゃんと出来ている。

何より不思議だったのは、今まで自動インストールでそのまま動いてたのを移行させただけなので、
設定なども間違っているはずがない。

2つブログを作っていたのだが、もう1つは正常に表示される。
よく考えると、ちゃんと表示される方は、HTML書き出しで、表示されない方はPHPファイルだった。

更に色々触った所、どうやら自動でのPHP書き出しはパーミッション「666」になっていて、
これを「600」にすると表示される・・。

という事は、書き出しでパーミッション設定の所があるはず・・と探した所、ようやう解決法を見つけた。

MT4では、「mt-config.cgi」に、ファイル書き出しの設定がデフォルトではないよう。
なので自動でHTMLやPHPが「666」で書き出されていた

HTMLでは問題なかったのだが、PHPの場合はXサーバーではなぜか500エラーで表示されなかった。

そこで「mt-config.cgi」の最後の部分に以下の文を追加

HTMLUmask 0022
DirUmask 0022

HTMLPerms 0777

これで、PHPの書き出しのパーミッションが「755」で書き出されるようになり、なんとか表示できるようになった。

はぁ?。。これだけ分かるのにかなりの時間がかかった・・(>_<)





Movable Type 4 関連本

Powerd by fun9.net



関連記事
カテゴリー: Movable Type  | キーワードタグ: MovableTypeXserver
[ 2008/05/16 02:54 ]    コメント(0)TB(0)  | Edit| ▲Top
コメントの投稿




    


管理者にだけ表示を許可する
コメントの表示
スポンサード リンク
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。