ニッチキーワードの探し方(まとめ) :ネット・ライフ(yuuの徒然日記)

HP運営やPC・MT・WPなどのトラブル奮闘・備忘録等・yuuの日常徒然ぼやき日記

ホーム > スポンサー広告 > ニッチキーワードの探し方(まとめ)ホーム > 備忘録・小技など > ニッチキーワードの探し方(まとめ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告
[ --/--/-- --:-- ]    コメント(-) | Edit| ▲Top

ニッチキーワードの探し方(まとめ)

最近アクセスが激減してるので、少しでも記事を読んでもらう方法を見直さないとと思い、まずは基本に戻って、少しでもキーワードを意識したタイトルを付けようかと思っている。

情報収集は苦手で、つい面倒でほとんど調べる事はしてなかったのだが、
多分タイトル名だけでも少しは調べる事にした方が良さそうだ。
(自分の場合は、書く内容は決まっているので、そのキーワードが検索されてるのかがあるかを調べる程度だと思うが)

どの程度がニッチキーワードなのかよく分からないので、
ニッチキーワードの探し方を知りたくてググっていたのだが、
このキーワードこそ、ニッチキーワードか??
未だにどれも上位が情報商材ページばかりで、
役に立つ情報がなく、ウザくて仕方ない・・(; ̄Д ̄)o

ウザいから、自分でまとめよう・・と、思い、
ここに自分用の備忘録として、やる事をまとめておこう。


『ニッチキーワード』というのは、ニッチ=隙間という意味で、良く検索されているキーワードのわりには競合サイトが少ないというキーワードのことを言うようだ。

今のままではせっかく記事を書いても、人が来なくて読んでもらえない事が多いので、少しでもキーワードを意識してみようかと思っている。


▼ニッチキーワードの条件


「検索回数が何回ならニッチキーワード」というような定義はないようだが、
目安としては以下のよう。

・月間検索数1?3万回程度(500?1,000回/日)
・競争率が低い (ヤフカテサイトやページランク3以上のサイトが少ない)

▼キーワードリサーチ・ツール


ニッチキーワードを探す為に、以下のようなツールを使うと良さそう。

・ショップのランキング、検索エンジンの急上昇ワードを見る。
 どんなテーマのサイトや記事を作るかのアイデアに

Google AdWords: キーワード ツール
 月間検索回数(1?3万回程度)を満たすものが出てくるまで探す。

「FerretPLUS(フェレットプラス)」
 キーワードツールの月間検索数と比較してみる

Google トレンド
 継続して検索されているキーワードかを確認する。


とりあえず、まずはここを意識して記事を書く事にしてみよう(= ̄へ ̄=)
関連記事
カテゴリー: 備忘録・小技など  | キーワードタグ: HP制作備忘録
[ 2010/08/02 14:14 ]    コメント(0) | Edit| ▲Top
コメントの投稿




    


管理者にだけ表示を許可する
コメントの表示
スポンサード リンク
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。