MT5をMT4iでモバイル化する時のまとめ備忘録 :ネット・ライフ(yuuの徒然日記)

HP運営やPC・MT・WPなどのトラブル奮闘・備忘録等・yuuの日常徒然ぼやき日記

ホーム > Movable Type > MT5をMT4iでモバイル化する時のまとめ備忘録

MT5をMT4iでモバイル化する時のまとめ備忘録

MT5をMT4iでモバイル化したのだが、静的URL作成やアドセンス、サイトマップ作成など、色々とカスタマイズをしたので忘れないようにまとめたものをメモしておこう。

  1. MT4iを導入
     現段階で「3.1 alpha3」が最新: MT4i/3.1/alpha - t2o2-Wiki
     インストールの説明: MT4i 3.0 のインストール
     mt4i.cgiをindex.cgiにリネーム
    ※自分用メモ:
    public_html/mt/ (MovableType ホームディレクトリ)
    ├mt4i
      ├cache
        ├tmpl

    ▼複数インストールの場合それぞれのブログ毎に設置(は自分で追加分)
    /サイトURL/public_html/m
    ├lib
     ├mt4i
      ├Ad.pl
      ├Cache.pl
      ├Config.pl
      ├Emoticon.pl
      ├Func.pl
      ├Log.pl
      ├Adsense.pl
      ├GoogleAnalytics.pl
    ├tmpl
     ├mt4i
      ├ *.tmpl
    ├mt4i.cgi(index.cgi) [705]
    ├mt4imgr.cgi [705]
    .htaccess
    ga.pl [705]

    『mt4imgr.cgi』で、それぞれのブログの
    「MTホームディレクトリ」 /home/xxx/xxxx/public_html/mt/
    「MTブログのID番号」などを設定。
  2. MT4iテンプレートのカスタマイズ
     MT4i/テンプレートタグ
  3. モバイル向けGoogleAdsense(アドセンス)の設置  説明ページ
     ※「lib/mt4i」以下に「Adsense.pl」というファイル名で保存 
     <TMPL_VAR NAME="ADSENSE">を テンプレートの任意の場所に設置
  4. アドレスを静的アドレスにして、テンプレ修正
     ※「.htaccess」でmod_rewriteモジュールを使用
    <IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine On
    RewriteBase /m/
    RewriteRule ^(.*)_([0-9]+).html$ index.cgi?mode=$1&eid=$2 [QSA,L] 
    </IfModule>
     http://xxxxx/m/index.cgi?mode=individual&eid=100
     ↓アクセスURL
      http://xxxxx/m/individual_100.php (html)
     参考: 【携帯サイト】MT4i導入からXHTML化と静的URL生成までの流れまとめ
  5. 検索エンジン用の携帯サイト用サイトマップ作成
     ウェブサイトテンプレート-インデックステンプレートで「sitemap_mob.xml」(モバイル用サイトマップ)を作成
    <?xml version="1.0" encoding="<$mt:PublishCharset$>"?>
    <urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9" xmlns:mobile="http://www.google.com/schemas/sitemap-mobile/1.0">
    
    <mt:Blogs include_blogs="children" include_with_website="1">
    <MTIgnore>メインページ</MTIgnore>
    <url>
    <loc><$MTBlogURL encode_xml="1"$></loc>
    <lastmod><$MTDate format="%Y-%m-%dT%H:%M"$><$MTBlogTimezone$></lastmod>
    <mobile:mobile/>
    </url>
    <url>
    <loc><$MTBlogURL encode_xml="1"$>m/</loc>
    <lastmod><$MTDate format="%Y-%m-%dT%H:%M"$><$MTBlogTimezone$></lastmod>
    <mobile:mobile/>
    </url>
     ?略?(同様にカテゴリー・記事部作成)
    </mt:Blogs>
    </urlset>
    
    ※ウェブサイト使用で、複数のブログを対象の場合<MTBlogs>で囲む。(MTBlogs | テンプレートタグリファレンス
    ・ブログ記事アーカイブ:
    <loc><$MT:BlogURL encode_xml="1"$>index.cgi?mode=individual&eid=<$MT:EntryID$></loc>
     変更↓ 
    <loc><$MTBlogURL encode_xml="1"$>m/individual_<$MTEntryID$>.php</loc>
    ・ウェブページ : 
    <$MT:BlogURL encode_xml="1"$>index.cgi?mode=individual&eid=<$MTPageID$>
    ・カテゴリ一覧ページ:
    <$MT:BlogURL encode_xml="1"$>index.cgi?cat=<$MTCategoryID$>&id=ブログID
     参考:モバイル サイトマップの作成 MT5 MT4iで携帯サイトがホントにできた3
  6. サイトマップをウェブマスターツールなどに登録
     google ウェブマスター ツール  ・ Yahoo サイトエクスプローラー
  7. Google Analyticsを登録、設置 (アド センスと同様)
     1) 携帯版 Google Analytics の Perl 版コードを「lib/mt4i/GoogleAnalytics.pl」として保存。
       ($url=”"; の行に、ルートのURLを追加)
     2) ga.pl を mt4i.cgi と同階層にダウンロード
     3) ga.pl を cgi として実行できるよう Permission の変更やサーバーの設定変更、あるいはコードやファイル名の変更等を行う。
     4) テンプレートの設置したい場所に<TMPL_VAR NAME="GOOGLE_ANALYTICS">タグを記述
     参考: Google Analyticsコメント/MT4i/3.0 - t2o2-WikiMT4iにモバイル用Google Analytics
  8. QRコードを作って、PCサイトに追加
     2次元バーコード/QRコード作成ツール(API)
  9. PCサイトの<head>内に携帯サイトページのURLをいれ、リダイレクトさせる
    参考:PCページ⇒携帯ページリダイレクト

メインページ(index.html)
 (※一応メインページにだけ、iPhone・iPad用リダイレクトも導入。
 参考:iPhone& iPod Detection Using JavaScript

<?php
$url="<$MTBlogURL$>m/";
$seiki='/^DoCoMo|^KDDI|^DDIPOKET|^UP.Browser|^J-PHONE|^Vodafone|^SoftBank/';
if(preg_match($seiki,$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'])>0){
    header("location: $url");
}
if(strstr($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'],'iPhone') || strstr($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'],'iPod')) {
    header('Location: <$mt:BlogURL$>m/');
    exit();
}
?>

 ※自分メモ)グローバルテンプレート作成時のブログメインページの場合、『<$mt:BlogURL$>m/』→『<$mt: varname="website_url"$>m/』

ブログ記事アーカイブ
  ※以下、サイトマップ作成時のアドレスを参照に作成。
   うちではグローバルテンプレートなので、
   <$mt:SetVar name="website_url" value="サイトURL"$> で設定し、
   <$mt:BlogURL$>は、<$mt:var name="website_url"$>としている。

<?php
$url="<$mt:var name="website_url"$>m/individual_<$MTEntryID$>.php";
$seiki='/^DoCoMo|^KDDI|^DDIPOKET|^UP.Browser|^J-PHONE|^Vodafone|^SoftBank/';
if(preg_match($seiki,$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'])>0){
    header("location: $url");
}
?>

カテゴリーアーカイブ

<?php
$url="<$mt:var name="website_url"$>m/index.cgi?cat=<$MTCategoryID $>&id=ブログID";
$seiki='/^DoCoMo|^KDDI|^DDIPOKET|^UP.Browser|^J-PHONE|^Vodafone|^SoftBank/';
if(preg_match($seiki,$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'])>0){
    header("location: $url");
}
?>

これで一応のモバイル化でやりたかった事は終了。
後は調べながら加えていく事にしよう・・


▼今後の希望や出来なかったメモ

●カスタムフィールドをMT4iで表示したかったのだが、出来なかった(>_<)

ENTRY_[CustomField_BaseName?]
カスタムフィールドの値を表示します。カスタムフィールドを作成した際のベースネームを指定してください。現在はテキストのフィールドのみ対応

テンプレートタグの説明ページには、こう書いてあったので、
カスタムフィールドのベースネームが『xxxx』だった場合、
<TMPL_VAR NAME"ENTRY_xxxx">
<TMPL_VAR NAME"ENTRY_[xxxx]">
など、色々試してみたが、空白で何も表示されない。
何かやり方が違うのだろうか??

もしかしたらMT4対応の場合で、MT5では色々仕様が変わったので対応してないのかも・・?
分からないので、諦めるしかなさそう・・・(×_×;)

<解決>

↓コメントで情報を頂き、無事解決しました?。感謝♪
どうやら"="が抜けていたよう( ̄o ̄A)

★正) <TMPL_VAR NAME="ENTRY_[xxxx]">

これで無事にカスタムフィールドが表示された\(^O^)/


●タグやキーワードなどがリンク表示されない。

タグやキーワードなどが
<TMPL_IF NAME="ENTRY_KEYWORDS">
<TMPL_VAR NAME="ENTRY_TAG">
で、表示されるようにはなっているのだが、ただキーワードなどが表示されるだけでリンクがされてないので、その関連キーワードのページへ飛ぶことは出来ない・・。

これもどうなのかよく分からないので、そのままにしておくしかなさそう・・(T_T)

●画像表示をそのまましたい。

画像表示が文字リンクで表示されてしまうので、そのまま表示したいので調べたが昔のバージョンの改造記事しかなかった。
 参考:MT4iで本文(エントリー)と画像の両方を表示
自分じゃよく分からないので断念・・(×_×;)

とても便利なツールで助かっているので、ぜひ色々改善されたMT5対応バージョンが早く出る事を期待したい(T m T)



モバイル 関連本

Powered by fun9.net

関連記事
カテゴリー: Movable Type  | キーワードタグ: MovableType備忘録カスタマイズモバイル
[ 2010/08/17 20:13 ]    コメント(2)TB(0)  | Edit| ▲Top
コメントの投稿




    


管理者にだけ表示を許可する
コメントの表示
情報ありがとうございます~

早速やってみましたが、無事に表示されました~!!
やっぱり「=」が抜けていたのが原因だったようです。

感謝感謝です~~~(; n ;)
[ Posted by yuu@管理人  | 2010/10/03 12:42 | Edit ]
> <TMPL_VAR NAME"ENTRY_xxxx">

イコールが抜けている為だと思われます。

> <TMPL_VAR NAME="ENTRY_xxxx">

「英数字の比率が大きすぎるためスパムと判定されました。」と言われたので、意味のない文章を少し追加します。まだ「英数字の比率が大きすぎるためスパムと判定されました。」と言われるのでもっと追加します。
[ Posted by タイトル  | 2010/09/17 12:09 | Edit ]
スポンサード リンク
人気記事ランキング